女子高講師の手ぶら旅行記

好きな航空会社はフィンエアー、好きな空港はヘルシンキ・ヴァンター空港です。

いつになったら旅行できるの?Googleフライトを見てみる

この記事ではグーグルフライトを用いて航空券の検索をする楽しさについて述べています。

 

 

現在の状況

都知事が「外出自粛要請」をした。密閉・密集・密接を避けて、大規模なイベントは自粛するようにと。

期間は、4月12日まで。

  

例年なら旅行シーズン真っ只中、すでに、海外へ行く術はありません。

「外務省は25日、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受けて、世界全体を対象に「危険情報」をレベル2に引き上げ、不要不急の渡航自粛要請を発出した。同省によると、全世界を対象にした危険情報を発出するのは初めて。」

 

どっちにせよ、飛行機が飛んでいません。

いつになったら飛行機が飛ぶのか、それは僕には分かりません。航空会社も頭を悩ませているでしょう。

僕の日課である、Googleフライトによる航空券のチェック、これを見て、少し予測できないか、見てみたいと思います。

 

「旅行は3度楽しい」。これは僕の考えた名言なんですが(笑)、つまり、行く前、行ってる時、行った後、の3回楽しめる、一粒で3度美味しい、そうであればそれぞれを存分に楽しめば良いのです。行く前の旅を、楽しもうと言うわけです。

 

航空券を検索する

 

行き先はウラジオストク。出発は名古屋とします。僕の場合、日本航空の「回数修行」をするために、日本航空の縛りで検索します。

f:id:haata:20200326004348p:image

このように、4月の頭では、航空券の情報が出てきません。

日付をタップして、いつになったら料金が現れるかみてみますと、

 

f:id:haata:20200326004513p:image

とりあえず4/30木曜日に料金が出てきました。この日から2泊3日として復路の便を選択すると、

f:id:haata:20200326004640p:image

妥当な金額が出てきました。ゴールデンウィークの完全な休みの日である、5/2(土)〜6(水)の間で検索し直すと、

 

f:id:haata:20200326004945p:image

 

このように、4.7万円と、結構リーズナブルな値段が表示されます。念のため日本航空のサイトへ進むと、

f:id:haata:20200326005103p:image

 

ちゃんと購入できそうです。

ロシアに関しては5/1までの入国制限が発表されていますので、

f:id:haata:20200326005235p:image

その制限が解ければ、ゴールデンウィークウラジオストクはなかなか良い選択かもしれません。

 

ヨーロッパはどうでしょうかね。調べるのはタダなんで、調べてみます。日付を5月の下旬にします。

f:id:haata:20200326005453p:image

一応、航空券は出てきます。中身を見てみると「カタール航空」が出てきました。

f:id:haata:20200326005802p:image

念のためスターアライアンスで縛ると、アシアナ航空や、ルフトハンザも出てきます。

行き先を東南アジアに変えると、

f:id:haata:20200326005953p:image

セブパシフィック航空や、香港エクスプレスなどのLCCもヒットします。

 

〜〜〜

 

でも、この時期に韓国経由や、ドーハ経由が出来るのか、東南アジアも解放されているのか、一抹の不安はあります。

なのでちょっと海外を諦めて、国内を見てみます。

f:id:haata:20200326010138p:image

5月下旬、名古屋→那覇、いいですね。いつもの感じてたくさんの安い便が現れました。

 

日本航空の回数修行に使える便を探すべく、日本航空日本エアコミューター、日本トランスオーシャンで縛りをかけて、

f:id:haata:20200326010413p:image

日付による料金の移り変わりを見てみると、

f:id:haata:20200326010453p:image

やはり、4月中は強気の?5万円、4/12

以降に少し値段が下がり、5月下旬には2万円に落ち着いてきます。

 

まとめ

 

さて、このように、都知事による自粛要請、ロシアの入国制限などが反映される結果が出てきたことが分かりました。

 

今は我慢して人類全体で脅威に打ち勝ち、また以前のように世界を飛び回れる日が来ることを、このように検索して妄想旅行することで持ち堪えたいと考える今日この頃でございます。

 

(おしまい)