女子高講師の手ぶら旅行記

好きな航空会社はフィンエアー、好きな空港はヘルシンキ・ヴァンター空港です。

【大学通信教育部のすゝめ】

【大学通信教育部のすゝめ】

 

僕は大学は夜間学部でした。今は無き第二文学部。もともと夜間志望だったので昼間の学部を蹴って入りました、まあそれはいいんですが、いくつかのメリットを確信して入学し、そこで4年間学び、正解だったと思っています。

夜の授業だけで4年で卒業できるのは当然として、第一文学部と比較すると、学費は半分くらい、にも関わらず、教えてくれる教授は同じで、卒論までちゃんと見てくれる。大学院の進学率は当時一文が10%、二文は9%とさほど変わらない。勉強に関しては何の遜色もなし、どころか、僕の印象では夜の授業のほうが実験的な授業をやっていたのではないかと思われる。若い先生の授業とか、「専修」の再編とか。

サークル活動に関しては昼夜差別なし。グリークラブにおいて当時憧れのトップテノール4年の箱守さんは第二文学部。箱守さんのソロを聴いて強く入部を決意する。そんな僕も、僕の一つ上の増子さんも第二文学部で学生指揮者になった。
例えば他大学では「二部サークル」とか言って、昼と夜の区別があったようだ。とは言え他大の実情は知りませんが、早稲田は全く差別・区別なし。

学生は、第二文学部のほうが多様性があったように思う。バリバリの社会人、現役OL、あるいはリタイアした人が再び学ぶ場として、とても刺激的な環境だった。多くの人は、自分で学費を払っていたのではないだろうか。そんな人のほうがよく勉強するのだと思う。自分の金を無駄にしないように。僕も演劇博物館の「学生職員」として学費相当分は稼がせてもらっていた。職場でも大変お世話になった。

さて、僕はある時、通信課程でも単位を取ることにしました。大阪芸大の通信教育部に入り、卒業はしませんでしたが、教育実習をはじめとした音楽の教員免許に必要な50〜60単位を取得しました。
通信教育部にもいくつかのメリットがありますが、一番は学費が安いということ(通学課程のだいたい1/10)ですが、他にも、在籍できる期間の長さ(入学から最長12年)、入学のしやすさ(9月入学は当たり前、出願期間も1年中)、休学・復学のしやすさ、地方の人間でも東京の大学に入学して学べる(一部、通学して授業受けること(スクーリング)は必要だが)などのことがあります。
デメリットとしては意思が強くないと続かない、サークル活動ができない、世間的な認知度の低さ、などがあるかもしれません。

で、本題です。
こんな世の中、ほとんどの大学が面接授業できてません。通信課程を持つ大学は、そのノウハウを存分に活かすときが来たと思います。学生から見ると、突貫工事のオンライン授業よりも、すでに実績のある通信教育部のほうがしっかりとした教育が受けられるはずだと感じることでしょう。
高い学費を払って上京してきたけど入学式だけしてそのあとロクに授業せず、紙のレポートだけ課せられて、実家にも帰れず、という若い人を知っています。もし間に合うようであれば通信教育部へ再入学してもアリなんではないかとすら思います。伝統ある玉川大学佛教大学日本大学慶應義塾大学、そして早稲田にもeスクールの学部があります。おそらく他にも、新しい大学は特色ある教育をしているのではないでしょうか。放送大学は一番授業を受けやすいでしょうね。全科生なら各種学割も使えます。

今、従来の通学課程が「質の低い通信課程」になってるようなことであれば、これまで頑張ったきた通信教育部が着目を集めることが必至です。従来の通学課程の大学で教えている人、学生の学費で飯食ってるような人には、今後の学生流出、その覚悟をしてもらいたいと思います。

通信課程は確かに大変です。自分から勉強する強い意思がないと4年間持ちません。でも多分、今後はより注目を浴びてくると思うし、これまではなかったようなオンラインの学生同士のコミュニティもできてきてお互い励ましあったり教えあったり、オンラインでのサークル活動も活発になったり、ゼミや卒論指導も面接授業と遜色のない、いやそれ以上の教育を受けられるようになっているのではないかと思っています。

ということで僕は全ての世代に通信教育部を勧めたいです。サイト見てみるだけでも楽しいですよ。武蔵美の通信とか。

法政大学の通信教育部のサイトだけ、ここにリンク貼っておきます。妙に、自分の中に学ぶ意欲が出てきませんか?
何の回し者でもないので、通信教育部への入学を検討している人はなんでも相談に乗りますよ。

-----
法政大学通信教育部

70年を越える歴史と伝統を礎に、通学課程と変わらない質の高い教育を提供。

本学通信教育部は、1947年、大学通信教育課程として日本で最初に開設された歴史と伝統ある通信教育部です。
-----

アビーロードスタジオのwebcamを利用した遠隔授業

【遠隔授業の一例】
ロンドンのアビーロードスタジオにはwebカメラがついていて、目の前の横断歩道を24時間映しています。それを利用して2012年に遠隔授業をしました。横断歩道前に映る僕を東京ではブラウザで見てもらい、音声だけ別回線で繋ぎました。

 

記録用に残した以下の動画は、アビーロードスタジオのwebカメラに映る怪しい人影(自分)をスマートホンで確認しているところです。

ちなみにこのアビーロードスタジオのwebカメラは音声も収録しているので、大声を出せば拾ってくれます。授業時間がロンドンの深夜だったのでそれをやるには憚られましたが。

 

そんなにインターネット回線が豊富ではなかった時代の、自分が映るには、だったら既にあるもん利用すればいいじゃん、という知恵を使った試みでした。

 

その様子を記録用に撮影していたものがあるので載せておきます。

https://youtu.be/dWooRbCqXq8

遠隔地からの授業の実践例

ある女子高で、もう10年くらいは、毎年、ヨーロッパ各地と日本を繋いで「授業」をしていました。非公式のイベントのため学校名を伏せると同時に、ネット上のどこにもレポートがないので、せっかくなので自分の業績(というほどのもんでもないけど)としてここで記しておきます。

 

仕組みはこうです。僕はたまたまヨーロッパのどこかにいます。日本の教室にはオペレーターとして教師に1人にいてもらいます。FaceTime、LINEビデオなどで音声と映像を繋いで、日本の教室ではスピーカーで僕の声を流してもらいます。生徒から僕への反応や質問は、教室の前まで出てきてもらって専用のPC1台を使ってやりとりします。

 

ちなみに僕の方は現地のSIMカードと入れたスマートフォンだけで授業しました。手ぶら旅行としては当然なんですが。

 

FaceTimeの画質は、とかLINE音声の音質は...などを実感したりします。そもそも、例えばロンドンは夜中なので「時差」を実感できます。例えば、みんな時差というのは知っていても、なぜ時差になるのか説明できますか?地球が丸いから?自転しているから?分かってるようで、説明するのはなかなか難しいですよね。

 

ある年はYouTube LIVEの機能を使って授業をしました。

ロンドンからの中継授業のアーカイブ残ってましたので一応ここに記しておきます。

 

https://youtu.be/rwKZq9hAX8Y

https://youtu.be/wnUU4KgaqUo

 

生徒たちはYouTubeにアクセスし、コメントを書き込んでもらうことも可能です。ただし、この時は一台のpcを大画面に写してもらっていました。(このあとYouTubeライブを終えて、LINEビデオでのやりとりの授業になりました)

当時はまだzoomは知らなかったし、Skypeは使ったことがあったけど複数人でログインしてのやりとりというのは想定していなかったので、あくまでも「放送的な」授業になっていました。

 

日本側に1人、先生が必要なのがネックでしたが、オンライン授業に慣れてこれば、その必要もなくなるかもしれません。(授業の単位として成立するかはまた別の問題だとは思います。たぶん、いまの仕組みだと通学課程において、教師不在の授業は成立しないと思われます)

 

今後、オンライン授業が進めば、教師はどこにいてもあまり関係なくなります。また、従来の授業をオンライン化したたけでは、学校が再開された時にはそのコンテンツは不要になることもあるでしょう。オンライン「でしかできない」授業というものもちゃんと考えないといけないなと、自問自答しています。

自己満足ではダメなんですが、ウラジオストクからとか、インドからだとか、とにかくいろんな場所から授業やってみたい!(いつそれができるようになるかは、だいぶ先でしょうけどね...)

 

(おしまい)

鼎談した様子をアップロードしました

鼎談した様子をアップロードしました

 

https://www.youtube.com/playlist?list=PLHYTsT8KKoOQLfkXTTBxok85svSmlNvWl

0420鼎談 教育現場からのメッセージ


山脇卓也さん(大学職員)
星加武史さん(大学講師)
池畑光浩(大学研究員、高校教師)

 

今のところダサいタイトルですが、僕の声掛けで参加してくれた教育現場のお2人にお話を伺ったことをアップして公開しました。


主に受験生、大学新入生、就活生に聞いてもらえたらなと思ってつくりました。僕の生徒にもこれから宣伝しようと思いますが、裏にもうひとつ狙いがありして、みなさんこうやって会議したり話合ったりしてると思いますが、それを発信してみませんかということです。何か発信することを前提としてこのように「拙くても」やってみる、ということを、今回のこの試みを見て、「おれたちのほうがうまくやれる」「俺たちのほうが意義のある内容を発信できる」と思っていただくよう皆さんを刺激できればいいなと思っています。

 

これからお話を伺ってみたい人は山ほどいますし、もしくは僕の生徒、高校生とか大学生の(まあでもとりあえず単なる雑談というよりは最小限でも「発信」を前提としたような)会話も聞いてみたいとも思います。「女子高生3人が世間に言いたいこと」とかいう動画見てみたいと思いませんか?


なので(僕が今回あげたこの動画)これ自体が僕の生徒向けの教材となっているわけです。

 

---

 

山脇さんは僕が早稲田大学グリークラブに入った時のサブ学生指揮者。サブ学生指揮者は3年次の指揮者ということで、4年次に学生指揮者になる立場。3年生は新入生の世話をする学年で、僕は同じ声部パートでもあり、たいへん可愛がって頂きました。今やいくつもの合唱団を常時指導し、客演指揮、審査員としても忙しく、合唱界のリーダーとしてご活躍。なんですが、今回は「大学職員」としてお呼びしたのかミソというか、僕の着眼点の良さ、です。

 

星加くんは声部パートは違うけど同期入学で、同じ関西人として気の合う、何よりも歌が大好きなナイスガイ。グリークラブでは演奏旅行マネージャーとして中国・四国演奏旅行を企画し成功に導く。応用化学を学んだあと、大手人材派遣会社を経て、これまでに様々な機関でキャリア教育を指導する一方で、東響コーラスでも歌う異色な経歴。

 

何よりも、山脇さんには前日に、星加くんに当日に声掛けして、主旨をすぐに理解してくれ、顔出しYouTube公開まですぐさまokしてくれて公開までもっていかせてくれた、お二人の優しさ、フットワークの軽さに感謝です。

 

 

教育論 オンライン化への準備

例えば、自分では買えない100万円の3Dプリンターが学校にあれば、それを活用するという、学校に通うという意義。でもあなたは、100万円以上、その学校に学費を払ってませんか?それって意味ありますか?

 

さて、それ以前に、

いま若い人たちは学校へ通えていません。

この状況はいつまで続くか。大学などでは前期の授業を全てオンラインにするとしているところもあります。

高校などは5/7から学校再開出来なかった場合も想定して、今から準備すべきです。

予定通り緊急事態宣言が解かれて、いままでどおりの生活できるようになれば別に構いませんが、それでも、学校での授業の一部オンライン化は進めておいて損はないでしょう。

例えば、授業で紙は配らない。テストもファイルで提出させるなど、少しづつデジタルにシフトしていけるようにすれば良いです。

 


でも、もし全ての授業がオンライン化できたとしたら、学校って一体何なんだということになってきます。インターネットさえあれば学校は必要ないことにはならないでしょうか。

学校の使命はなんでしょうか。

生徒は学校に何を求めているのでしょう。

 


義務教育ならば、読み書きそろばん、あとは遊ぶこと。これが大事だと思ってます。

 

高校より先の教育は、僕は2つのポイントがあると思っています、

 

ひとつは、学校は生徒に「専門性を与える」こと。自分は何かを専門に学んできたと、他人に言えるようにしてあげる、ということです。

もうひとつは、生徒が自己肯定できる環境を用意するということです。

 

僕はこの2つがオンラインで出来るのなら、学校としての存在意義はあると、今は思っています。もしそれがオンラインで出来ないのであれば、緊急事態宣言が解かれることをじっと待つだけになりますが、それで良いのでしょうか。何かやれることはないのでしょうか。

 

 

自己肯定ですが、人間にとって大事だと思います。幼いころはみんな、立ち上がるだけで褒めてくれたし、ひらがな読めた、自転車乗れただけで褒めてくれました。

高校生くらいになると、もうなかなか誰も褒めてくれなくなってきます。

でも、時々、「お前ってすごいな」とか「やんじゃん」とか「面白いね」と言われないと、これは大人でも、ダメなんです、誰かが言ってくれないと。

まあちょっと、点数稼ぎみたいになるとダメなんですが、あなた自身も、周りに「やるじゃん」と思われるようなことをやりましょう。周りに自分を肯定させるようにするんです。

ちなみに、専門性が高いと、「あいつやるなぁ」って思ってくれること多くなります。


なので、小さな提案ですが、オンラインでクラブ活動始めませんか。オンラインで授業やるよりも少し肩の力を抜いて取り組めるのではないかと思います。

僕自身の経験ですが、自己肯定感を感じられたのは主にクラブ活動でした。普段の授業は講義中心なので、どちらかというと本を読んでいるよう。学習が分かる、解ける、そういう感覚はあるものの、他人との繋がりで何かを解決していくような授業はほとんどなかったです。なので、授業外の活動でそういうことを学んで、今もそれが役に立っています。

将棋部ならオンラインで打ってみたらいいじゃない。

デッサン部、僕がオンラインでやってもいいですよ。

 


さて、視点を生徒の目からにしてみます。

 

生徒の皆さんは、学校に何を求めますか。

卒業さえできたらいい?まあ確かにそうですが、それだとちょっともったいない。

いろんなことを教えてほしい、分かります。でも、何かを知りたいならば本を読んだり、YouTube見ているだけでも充分です。

 


僕は、若い人には、自分の専門性を高めると同時に、存在意義を確かめられる場所として学校を利用してほしいと思っています。

独学でYouTubeで何かを学ぶこと、それはできます。でも学校はそこに、なんらかの「お墨付き」を与えてくれます。

もちろん、学校ではなくて、仕事の現場で、仕事をしながら習得したものも、自分の専門と言えることもあります。たい焼き作りの仕事を5年、いや2年3年でも続ければ、それって立派なあなたの専門です。

でも、いきなりそんな仕事につけない場合、仕事に着く前に何らかの専門を修めたという、世間的なお墨付きをゲットできるのが、学校というわけです。

進学や就職をするときに受ける試験、面接などで、あなたは何を学びましたか?、と必ず聞かれます。それはあなたの専門性について聞いています。しっかり答えられるようにしときましょう。

それと同時に、この人はちゃんと自己肯定して過ごしてきたか、ということも見られるでしょう。人間、反省も大事ですが、一緒に仕事をしたいと思わせるひとはちゃんと自分を肯定している人です。反省や不満ばかりの人とは、一緒に何かやろうとは思わないですからね。

 


さて、学校へ通えない高校生にアドバイスがあります。

みんながいま、自宅待機で、普段のような学習が進んでいません。もし今、何か自分の専門を磨いているという人、偉いです。

宿題がどっさり出されましたか?でも、まあまあ時間あるでしょう?通学の時間がゼロになっているので、少なくともその時間は浮いているはずです。

仕方ないですね、この際、普段の通学の学習ではできないようなことをしっかりやったほうがいいです。テレビゲームでも、竹馬でもメンコでも、何をやってもいいんですが、それが、自分の専門に繋がれば尚良しです。

今年の入試では、「休校中に頑張って取り組んだことはありますか?」などと聞かれることも予想されます。胸を張って答えてください。「自分の専門性を磨いていました、それは以下のようなことです」、と。

 

さて、それでも何をやっていいか分からない人へ。2つアドバイスします。

 

ひとつ目。英語をやってください。

これについては後日。

 

二つ目、SNSを「ちゃんと」やってください。

 


今日は「snsちゃんとやってください」の意味を説明して終わります。

 


snsは、後になって分かるんですが、結構使えるんですよね。暇つぶし、情報収集、情報発信。特にオンライン化が今後進めば、snsの重要性はさらに自覚すると思います。本当は寂しいんですが、このまま緊急事態宣言がずーっと続けば、友達とはオンラインでの付き合いが主になってきます。オンラインのクラブ活動などを円滑になるには、snsでのマナーや知識が必要になります。

愚痴を言うだけのアカウントも結構。それには鍵をつけといてください。社会との繋がりにもなるアカウント、例えばFacebookは実名のアカウントを作り、交友関係を広げ、無難な日記を書いたりコメントしていってください。Twitterでは絵師を名乗っておけば何か仕事に繋がるかもしれません。自分の専門性をアピールするアカウントとして使っていくのです。

例えば自分がLINEスタンプを作ったとします。どう宣伝しますか?LINEでの友達に教える、それだけだと限界があります。そんなときにFacebookTwitterが便利です。

そんなこと知ってるよ、と思うと思いますが、今いってるのは、「snsを"ちゃんとやる"」ということです。何のためにこのアカウントを使うのかをそれなりに考えて使ってください。イマイチピンとこない人がいるかもしれませんが、自分の専門というものがしっかり固まってくると、その次はそれを活かしたい気持ちになる、そのときに、オンラインでの社会との繋がりが大事で、そのときの道具がsnsです。ということで、ちゃんとやる、というのは「snsを自分にとって有利に利用しよう」ということと同じ意味です。

美容院を開業した、個展を開く、転職した、そんな折に、snsが活かされる時が来ます。

 


ということで今回、学校や生徒にとって今が大事、オンライン化の準備ということで話をしました。

(最後に何ですが、パソコンのモニタやスマホにかじりついてると目の疲れ、視力の低下、姿勢の悪化など懸念されます。そのへんも考えないと...)

 


次はスケッチや曲作りについてと、あとは散髪中継、やりたいと思います。

 


ではまた!

 


 

馬公の中央老街をスケッチ 台湾の離島

旅行記としては、

www.haatablog.com

これの一場面をスケッチしたものになります。

 

馬公というのは澎湖(ほうこ)諸島の島にある市で、島なので飛行機が船で行くことになります。今回飛行機はだいたい片道4,000円くらいでした。台北松山や台中などと結んでいて、1日に10本以上運行していました。島は中国本土側にあって、そっちの影響も大きいようでしたが、のんびりとしていて、明るくてほんわかとした日差しが、沖縄とか宮古を思わせるものもあました。日本人と思われる人には全く合わなかったのでその点もなかなか良かったです。

 

f:id:haata:20200415043636j:image

下絵描いて、


f:id:haata:20200415043639j:image

塗って


f:id:haata:20200415043642j:image

調整して。

手抜きな解説ですが、よければ過去のスケッチ集もご覧ください。

www.haatablog.com

 

f:id:haata:20200415044359p:image

ほんとうはこんなに澄んだ空気と色彩豊かな路地、なかなか表現できません。

でも僕の絵を見た友人が「また台湾行きたいな〜」と思ってくれたみたいなので、目的は果たしました!

 

(おしまい)

ペテルブルクの地下鉄入り口をスケッチ

今回はこの日記の、

www.haatablog.com

最後のほう、バスから降りて地下鉄に乗る時のシーンをスケッチしてみました。

 

 

今回の道具

 

・A4ケント紙(イオンで購入。10枚で200円くらいのもの)

・4Bの鉛筆

・HBの鉛筆

・練り消しゴム

以上です。今回新しく練り消しゴムが登場しました。これによって、消しカスがほとんど出ずに掃除が楽になりました。シャープな白が描けるかというと、そうでもありませんでした。また、6Bは今回使いませんでした。6Bが必ずしも濃い部分を担ってくれるかどうか疑問が出てきたのと、4Bを信頼してみようかと思ったからです。なお、イオンのケント紙も初登場です。4Bとの相性やいかに。

 

下絵を描く

f:id:haata:20200413045408j:image

いつもと同じです。いつもはHBで下絵を描いていたんですが、今回は4Bで。わりとやさしく取っていきました。今思えば手前の部分は濃く、遠くの部分は薄く取るべきでしたね、遠近法的にも。次回の反省とします。

 

濃い部分を塗っていく


f:id:haata:20200413045357j:image

まじでいつもと同じです、濃いと思う部分、影だと思う部分を塗っていきます。

ほぼ自動的に。どんどんどんどん、ひたすら、塗っていくだけ。ただこの時点で中間色もどうしても現れてきます。

 

中間色を置いていく

f:id:haata:20200413045354j:image

この段階で中間色の部分を入れていくんですが、すでに中間色は出てきているのと、濃い部分が損なわれるので、そのバランスを見ながら、結局は全体を塗っていきます。

仕上げと、フィルタ

f:id:haata:20200413045401j:image

この時点で主役は手前のおっさんではなく、地下鉄を降っていったところの光だと、自分で分かってきます。そうすると自然に、手前のおっさんは「お座なり」になってしまっているのが後になって分かります。


f:id:haata:20200413045352j:image

向こう側の背景も書き込みたいのですが、夜景であって難しい。せめて暗い箇所はさらに暗く!と思って塗り込みます。


f:id:haata:20200413045405j:image

最終的にこうなりました。


f:id:haata:20200413045349j:image

地下への光と、おっさんの影を調整して、さらに、iPhoneで「温かみ」の色合いのフィルタをかけました。

 

この紙は、結論としては「ややイマイチ」でした。塗り込むと(ツルツルなりの)目が潰れて、細かい線はなくなっていきます、というか当然なくなっていくんですが、その上から線を描こうとするともう受け付けてくれません。なので線がどんどん太くなっていってしまいました。

このようなことは言い訳に聞こえるかもしれませんが(笑)、この経験が次にこの紙で描く時の心構えが出来るので、意外に大事なものでもあります。この紙は早期決着が好ましい、とかいう作戦が成り立つというわけです。

 

ペテルブルクの街並みはまた描いてみたいと思います。

(今日は以上です)

 

 ※ 他の「スケッチ編」はここからご覧頂けます。

https://www.haatablog.com/archive/category/sketch